スタパ!公式ブログ

パソコンのあれこれ。お役立ち情報を掲載いたします。

スマホのアプリをつくってみよう♪ ~事前準備①~

f:id:stapa:20170324165731j:plain

画像出展元:Petr Kratochvil

 

 

JDK」(JAVAのこと)というものをインストールしてみましょう!

事前準備の1番目は、「JDK」のインストールから。

すでにJAVAの勉強を少しでもされている方は、聞き馴染みのある単語ですが、分からない方は、とりあえずそのまんま「JDK」って単語を丸覚えしておきましょう(*´▽`*)

 (もういっそ、作業おわったら忘れてもいいかも。)

 

 

手順①:下のURL(文字)をクリックして、ホームページを開きます。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

 

 

手順②:①で開かれたホームページの左側のロゴをクリックします。

f:id:stapa:20170407125535p:plain

 

 

手順③:『Java SE Development Kit 8u121』と書かれた一覧の中から、ご自分のPCに合った項目を選択してクリックします。

ここで多くの人がつまづくのを見てきました。

なぜなら・・・

  『慌てて似たようなリンクをクリックしちゃう』からですorz

慌てずに落ち着いて、下の図を見ながら正しいリンク先を選択しましょう。

 

f:id:stapa:20170407130202p:plain

 

☆ 1つめの注意点      

 上側の矢印に注目してください。

この画像ではJava SE Development Kit 8u121』となっていますが、実際にはこのブログや書籍を見た時期によって末尾の「8u121」という、バージョンにあたる部分が違っていることがあります。

ある程度PCに精通している方にとっては、何の障害もなく、「あ~、この数字は単なるバージョンについてなので、新しいバージョンとかになってるんだな・・」と感じて同じものとして捉えるハズ・・・ですが!!

 

どんなにパソコンに詳しいと言っている方であっても、少なくない頻度でひっかかり(?)下の赤×の下にある欄を見たりしてしまうようです。

 

下のほうにある、Java SE Development Kit 8u121 Demos~』というタイトルは選ばないように注意してください。

 

 ☆ 2つめの注意点      

 側の矢印に注目してください。

 2つの項目を囲んでいますが、左側に「Windows x86」とWindows x64」の2つがあります。

簡単な説明として、

  ご自分のパソコンが32bit        →  Windows x86

  ご自分のパソコンが64bit        →  Windows x64」

  32bit?64bit?? どちらか分からない!  →   Windows x86

 を選択するものと思ってください。

 

 

手順④:インストールします。

ダウンロードが終わりましたら、下の図のようなJDKのアイコンをダブルクリックして、インストールを開始しましょう。

f:id:stapa:20170418123606p:plain

 

インストール中の画面のサンプルを下に掲載しておきます。

基本的には、そのまま[次(N)>]を押しちゃって問題ありません。

 

STEP1     

f:id:stapa:20170418125141j:plain

 

STEP2     

f:id:stapa:20170418125239j:plain

 

STEP3     

f:id:stapa:20170418125258j:plain

 

STEP4     

f:id:stapa:20170418125311j:plain

 

STEP5     

f:id:stapa:20170418125332j:plain

 

この画面で終了です。

[閉じる]をクリックして、完了しておきましょう。

 

どうでしたか?

分かりづらい場合は、お気軽にお問合せくださいね(^^♪